2.チーム紹介

第6回 堆砂垣設置プロジェクト へ参加しました

2012年10月28日(日)に、中田島砂丘で行われた「第6回 堆砂垣設置プロジェクト」に参加してきました。SKYWALKERS の参加は、第2回から連続で5回目です。

昨年度より、我らSKYWALKERS は特命を受け、堆砂垣の設置ではなく、中田島砂丘入口に堆積している砂の撤去を行っています。

実施前の画像を用意できなかった(撮影を忘れた!)ので、状況は想像にお任せするしかありませんが、中田島砂丘入口の階段は、砂丘の砂が風で飛ばされ、3段分くらいが砂に埋もれていた状態です。

SKYWALKERSでは、今回ただ作業を行うのではなく、トヨタ自動車の「トヨタ生産方式 カイゼン:KAIZEN」を参考にして作業時間内に定期的にミーティングの時間を取って、作業手順、作業方法、人員配置等の見直しを行いました。

Photo0338

(写真:各担当で改善策を検討、報告しています)

作業の成果が↓です。埋もれていた階段やタイルが姿を現しました。

Photo0343

主催者のスタッフの方は、ご自身が実際に「トヨタ生産方式」を経験なさっていて、作業後にその厳しさや徹底具合などを伺うことができました。また、社会人の厳しさや親への感謝など、普段は聞くことができないようなお話しを聴かせていただきました。

Photo0342

今回の作業は体力的にもトレーニングになりましたが、作業を進める行程での経験や伺ったお話など、得ることが多いものになりました。

新チームのチーム作りに選手、スタッフ達は活かしてくれるはずです。


スポニチに掲載していただきました。

2012年4月25日(水)のスポーツニッポンに、SKYWALKERSの記事を掲載していただきました。

20120425


ラジオ生出演!

2010年1月8日(金)に、SKYWALKERS の選手4名と監督の私が、「FM Haro!」(76.1MHz)の人気番組『すずきしずかの金曜ラジオ』(11:00~16:00)に生出演しました。

コーナー名は「それ行け!おじゃマン」。14:30からの約7分間の放送でした。

番組の名物レポーター上嶋 潤さんが、県西部地域の様々なスポットに、ギターを抱えてお邪魔するコーナーで、今回、西部地域唯一のアメリカンフットボール部である、SKYWALKERSを訪問いただいたのです。

放送は、本校の一室から行われました。放送前に簡単な打ち合わせはありましたが、ほぼぶっつけ本番!慣れない作業に、特に選手達は緊張しまくっていたようです。


選手4名の威勢の良い掛け声からコーナーがスタート!


創部の経緯や現在の戦績、今後の試合予定、チームや選手個人の目標などをインタビューしていただきました。「アメリカンフットボール」とはそもそもどの様なスポーツなのかも話させていただけましたので、少しでも静岡県西部におけるフットボールの普及に役立てられたかなと思います。


選手達は慣れないインタビューに緊張…


放送後、レポーターの神嶋さんと記念撮影。

上嶋さんがタックルされているという設定です。


この放送を聴いて、少しでもSKYWALKERSで一緒にプレーしてくれる仲間が増えてくれることを切に願っています。

今回の生中継の模様が、レポーター上嶋 潤さんのブログ「おじゃマンがイク!」や、本校のブログで紹介されていますのでそちらも是非ご覧下さい。


堆砂垣設置プロジェクトⅢ に参加してきました!

2009年11月1日(日)、SKYWALKERSは、『~中田島砂丘を守ろう~ 堆砂垣設置プロジェクトⅢ』に参加してきました!

浜松市には、日本三大砂丘とも呼ばれている「中田島砂丘」があります。ウミガメの飼育・放流も盛んに行われている場所です。まだあまり知られていないそうですが、この中田島砂丘は、海岸浸食によりこのままでは10年後には無くなりはじめると言われています。 

そこで数年前から、地元自治会の皆様「海岸浸食災害から住民を守る会」の皆様が中心になり、飛砂による海岸侵食から砂丘を守るため、市民の力で堆砂垣を設置しています。今回は、その第3回です。("堆砂垣"とは、砂浜に竹やよしずなどで垣根を作り、風で飛ばされてくる砂をそこに堆積させて砂浜を作る構造物のことです。)

浜松開誠館中学・高等学校では、中学・高校生徒会が中心となって、このプロジェクトに参加しています。毎年有志を募っての参加になっていますが、SKYWALKERSでは昨年の第2回より、チームとして参加させてもらっています。

SKYWALKERSは、日頃応援していただいてる皆さんへのお返しの意味も込めて、地元のために何か貢献できるチームでありたいと思っています。明るさと元気が取り柄のチームですから、今回のしんどい作業も、盛り上げて楽しくできたのではないかと思います。

スコップで1m位の穴を掘ります。

垣根の柱となる杭を打ち込みます。

砂浜を1m掘るのは、思ったより大変です。

手で掘った方が楽だと言い出す選手もいました。

これが完成した堆砂垣です。小さく写っているのは人間です。堆砂垣の大きさが伝わるでしょうか?SKYWALKERSのいたグループが一番に完成させました。

昨年の同じ時期に作った堆砂垣は、すでに砂に埋まってしまっていました。数ヶ月くらいで埋まってしまうこともあるそうで、地元自治会の皆様「海岸浸食災害から住民を守る会」の皆様は、定期的にさらに上に堆砂垣を追加しているそうです。

今回の詳しい様子が、本校のHPでも紹介されています。是非ご覧下さい!